トップページへ > 加工技術 > 粘着加工

加工技術

粘着加工

粘着加工

加工概要 さまざまな材料に粘着剤をコーティングしてテープ化する加工です。コーティング後に他の部材とラミネートすることも可能です。
対象粘着剤 溶剤系粘着剤(アクリル系、ゴム系、シリコーン系等)/エマルジョン系粘着剤(アクリル系等)/UV硬化性粘着剤(アクリル系等)/ホットメルト粘着剤(ゴム系)
厚み 数μm〜100μm
用途 強接着用途/再剥離用途/仮固定用途
加工バリエーション
転写加工
離型紙などに粘着剤をコーティングして粘着加工したい基材と貼り合わせることで、粘着加工を行います。乾燥加熱できない基材でも粘着することができます。
筋状(ストライプ状)
加工粘着剤を塗工している部分としていない部分を筋状にコーティングします。
通気粘着
粘着剤に通気性を持たせる加工です。医療用途に用いられます。
加工内容 粘着剤をお客様で決めていただいて弊社に持ち込んで粘着剤をコーティングする加工を行います。また、粘着加工を行いたい材料を持ち込んでいただいて弊社で用途に応じた粘着剤を提案させていただく事も可能です。

対 象 号 機

ホットメルト粘着剤
館林工場
藤枝工場
  • ※1赤字の機械は塗工部クラス1000のハイクリーンコーターです。
  • ※2青字の機械は塗工部クラス10000のセミクリーンコーターです。
拠点一覧

全国に広がるユーザーからの多様化するニーズにすばやく対応するため、関東・中部・関西に生産拠点があります。

グループネットワーク地図 本社 館林工場 土山工場 藤枝工場 藤枝第二工場 神戸工場 テクノフローワンのネットワーク

テクノフローワンへのお問い合せ

  • フィットセル
  • フィットボンド