トップページへ > 加工技術 > ラミネート(貼り合わせ)加工

加工技術

ラミネート(貼り合わせ)加工

ドライラミネート加工(ボンディング加工)

加工概要 様々な材料を接着剤を用いて貼り合わせる加工です。 コーティング後に他の部材とラミネートすることも可能です。 接着剤は溶剤系、水系、ホットメルト系など様々な材料を用途に応じて使い分けを行います。
特徴 ラミネート時に熱をかけながら接着することも可能です。 逆に貼り合わせたい材料にほとんど熱をかけずにラミネートすることも可能です。
加工材料例 紙 不織布 布 フィルム 発泡体(スポンジ) 合成皮革 金属箔 その他多くの材料のラミネートを行っています。
加工内容 お客様の貼り合わせたい材料や用途に合わせて最適な接着剤やラミネート条件を選定して提案させていただくことが可能です。 お客様から接着剤をご指定いただいて塗工することも可能です。

対 象 号 機

  • ※1赤字の機械は塗工部クラス1000のハイクリーンコーターです。
  • ※2青字の機械は塗工部クラス10000のセミクリーンコーターです。

熱ラミネート加工

加工概要 さまざまな材料の間に熱溶融性の接着フィルムを挟んだ状態で加熱ロールを通過させることで接着させる方法です。
加工材料例 布 フィルム 発泡体(スポンジ) 不織布

対 象 号 機

ウェットラミネート加工

加工概要 水系の接着剤をコーティングしながら貼り合わせを行い、その後乾燥させる方法です。
加工材料例 布 紙 金属箔

対 象 号 機

ウェットラミネート加工
土山工場
藤枝工場
拠点一覧

全国に広がるユーザーからの多様化するニーズにすばやく対応するため、関東・中部・関西に生産拠点があります。

グループネットワーク地図 本社 館林工場 土山工場 藤枝工場 藤枝第二工場 神戸工場 テクノフローワンのネットワーク

テクノフローワンへのお問い合せ

  • フィットセル
  • フィットボンド